温泉旅行ではないけれど

海外在住の私。現在、5歳になる娘と一時帰国中。3月に帰国してまもなくその滞在も終わってしまう。日本帰国前から娘と、「お友達とまた一緒に温泉旅行に行きたい」と話していたけれど、なかなか都合がつかず今回は実現しなかった。そんななか、連休最後の今日、娘の友達とそのママさんと、近所で川遊びをする約束をした。天気は良かったけれど風が冷たく、いつもならエンドレスで遊ぶ子供たちも、寒いと言って早々に川から引きあげてきてしまった。想定外に時間がたっぷり余ってしまって、川辺にいても肌寒いだけ。さぁどうしようと考えて・・・駅から送迎バスが出ているスーパー銭湯に行くことに!幸い川遊びで汚れると見込んで子供たちの着替えは持ってきているし、タオルの貸し出しもあるはず。バスの時間を調べてみるとちょうどもうすぐ出発するじゃないか!と言うことで急きょスーパー銭湯へ。突然のサプライズに子友たちも大喜び。初めて行ったその銭湯、行ってみてわかったけど、なんと「温泉」だった。お湯に関しては全く期待してなかったので、これは嬉しい。屋内の大浴場は勿論、屋外も充実していて、大人が一人入れるくらいの「壺湯」なんてあったりして、子供たちは出たり入ったり大喜び。お客さんも少なかったのでそこまで迷惑にもならず、楽しいひと時を過ごす。お湯につかりながら空を見上げて友人とおしゃべり、なんて幸せなんだろう。これでこのままお泊りできたらなぁ、なんてぼんやり妄想してしまったけど、これはまた次回のお楽しみ。このあとお風呂から上がり、お座敷で大人はビール、子供はジュースで乾杯。旅行ではないけれど、これはこれで楽しかった!http://www.heavy-electrons.jp/

アメは口内環境の敵か

PCで作業中にアメばかり食べていたせいか上顎が痛くなった。どうも炭酸系のアメだったのが更に上顎を痛めつけたらしい。のどアメは喉の味方だけれど、炭酸系のアメは上顎の敵のようだ。いや、そもそも食べすぎたのがいけないのであってアメ自体が悪いわけではないのだけれども。なんとなくアメのせいにして己の偏食ぶりをなんとかごまかしてみたい気持ちにもなる。ごまかせていないのは明白なので、素直に負けを認めようかと思う。すみません私がやりました。何に対して謝っているのだ。わからなくなったところでついまたアメを口の中へ放り込む。アメの甘さが喜ばしいが上顎は相変わらず痛いので頬ぺたに入れてみるがどうもしっくりこない。やはりアメは舌の上で転がすものであって頬ぺたに入れて溶けるのを待つ代物ではないらしい。そこまでわかったので大人しくアメを下の上に戻そうと動かしたら歯に当たった。痛い。そう言えば歯医者の定期検診の葉書が来ていた気がする。私は虫歯の恐怖に怯えながらそっと歯医者の予約をした。ディーアジカの口コミはこちら

どちらも私には新しく

歩くとポイントが貯まり、自動販売機で飲料が無料になるアプリを入れました。すぐポイントが貯まり、早速使ってみる事にしました。スマホ決済も利用して、IDも設定して時代の波にのった気分でいました。そして、自動販売機の前にアプリを開いて、Bluetoothもオンにしてよしこれをかざすだけと思い、自動販売機のお札入れの方にスマホを向けたところ、IDの方が反応し、光ってしまいました。もう、商品ボタンを押した後だったので料金がかかってしまう、どうしようと焦ってしまい、IDをUninstallにする事にしました。そしてもう一度、今度は大丈夫かなと思い、自動販売機のお札のところに近づけて、ようやく反応しポイントを使いますか?の表示を出す事ができました。なんだか、便利でお得なはずなのに、財布を持って買いに来た時に比べ何倍も苦労したなと思いました。商品を私がお財布を持たずに購入している頃には、また別の決済方法が流行っているのかなと思ってしまいました。リクロンブラック