書留などについて勉強しました

勉強をしました。簡易書留は「秘」扱い文書など重要文書の送付に適しています。書留より補償額が少ないので、料金も安いです。社内の人に渡すときは、「秘」の印を押した文書を透けない封筒に入れて「親展」と書きます。口頭では秘文書であることは伝えず本人か秘書に手渡し、受領印をもらっておきます。社外の人に渡すときには二重封筒にし、文書を入れた封筒に「秘」の印を押します。それを中が透けない封筒に入れ、「親展」と書きます。秘文書を送ったらすぐに相手に電話し、送ったことを伝えます。レターパックプラスは専用の封筒を購入し、重さ4kg以内のものを送ることができます。ポストに投函し、対面配達で受領印をもらいます。信書も同封可能(レターパックライトは手渡しではなく、郵便受箱への配達になる)です。ゆうメールは全国一律重量のみを料金設定で、3kgまでの冊子状の印刷物を送るときに適しています。中がわかるように一部開封します。書留・速達も利用が可能です。アトケアプロの好転反応を知らべた結果

ダンスをしました

ダンスの練習をしました。30分くらいしました。ダンスを踊っていると心がすっきりするし、達成感がありました。そして、勉強をしました。秘書が好ましい人間関係を築き、業務を円滑に進めるためには明るい表情で話す、身ぶり手振りやアイコンタクトを用いる、聞きとりやすい声の大きさやスピードを心がける、具体的な表現を使う、正しい敬語を使う、肯定的に話す、わかりやすい表現を心がける(外国語・専門用語は相手に合わせて使う)、相手を尊重して話すと効果的です。円滑に仕事を進め、人間関係を良好に保つために秘書は聞き上手であることが求められます。指示を受けるときには聞き間違いがないように、情報を正しく聞きとることが大切です。会話をするときには共通の話題を選ぶ、相づちを打つ、うなずくなど熱心な姿勢で聞くとスムーズにコミュニケーションがとれるでしょう。説明は相手にわかってもらうことですから、伝える内容を簡潔かつ具体的に説き明かすことが大切です。子供専用のカイテキオリゴ

還暦などについて勉強しました

勉強をしました。取引先への感謝の気持ちを伝える中元や歳暮など、秘書は贈り物の手配をするケースが多くあります。御中元の時期は7月1日~15日です。暑中御見舞の時期は7月16日~8月初めの立秋までです。残暑御見舞の時期は8月初めの立秋~9月初めまでです。御歳暮の時期は12月1日~12月25日くらいまでです。御年賀の時期は1月1日から松の内までです。寒中御見舞の時期は小寒(1月6日頃)~大寒(2月3日頃)までです。余寒御見舞の時期は立春~2月末くらいまでです。中元や歳暮をデパートなどから発送した際には相手に品物が着く前に届くよう、あいさつ状を出します。贈り物をいただいたときには、感謝の気持ちを込めてすみやかに礼状を出すようにしましょう。健康で長生きする長寿のお祝いのことを賀寿と言います。祝電や祝い品を贈ったり、祝賀会を催したりするなど関係者で祝います。還暦は満60歳のことで意味は干支が60年で一巡し、生まれた年と同じ干支に還ることからだそうです。http://www.atc-gilde.nl/