隣のおばあちゃんとお話

今日電車に乗っていたら、途中の駅でおばあちゃんが乗ってきて私の隣に座りました。腰の曲がったいかにも優しいおばあちゃんという風貌で、お買い物を沢山してきたらしく買い物袋を沢山持っていました。そんな様子を感じながらぼーっと窓の外を見ていると突然おばあちゃんが声をかけてきたんです。「今日は少し寒いねぇ」って。「そうですね、暑かったり寒かったりして風邪ひきそうですね。」とお話をしていました。電車で隣の人とお話をするって昔は当たり前の光景だったんだろうな、と思いながら。でも、どんどん喋っているうちに、「おうちはどこなの?大学生?学校は?」など色々なことを聞かれました。喋ること自体は良いのですが、なんせ、おばあちゃんは耳が悪いのか、声が大きくて大きくて。電車に乗っている人に私の個人情報がダダ漏れなのです。すごく恥ずかしいものです。でも、おばあちゃんは電車を降りる前に、「とても優しいのね」って言ってくれました。平成最後の日にほっこりした気持ちになることが出来ました。クリアネオ