書留などについて勉強しました

勉強をしました。簡易書留は「秘」扱い文書など重要文書の送付に適しています。書留より補償額が少ないので、料金も安いです。社内の人に渡すときは、「秘」の印を押した文書を透けない封筒に入れて「親展」と書きます。口頭では秘文書であることは伝えず本人か秘書に手渡し、受領印をもらっておきます。社外の人に渡すときには二重封筒にし、文書を入れた封筒に「秘」の印を押します。それを中が透けない封筒に入れ、「親展」と書きます。秘文書を送ったらすぐに相手に電話し、送ったことを伝えます。レターパックプラスは専用の封筒を購入し、重さ4kg以内のものを送ることができます。ポストに投函し、対面配達で受領印をもらいます。信書も同封可能(レターパックライトは手渡しではなく、郵便受箱への配達になる)です。ゆうメールは全国一律重量のみを料金設定で、3kgまでの冊子状の印刷物を送るときに適しています。中がわかるように一部開封します。書留・速達も利用が可能です。アトケアプロの好転反応を知らべた結果